話題の車の「リサイクル料」だそうな

自分の車のを売り払うときの手続きには買い取りと下取りというのが御座います。下取りの場合は次のくるまをゲットする際、今迄の車を引受けしていただくというものです。主としては新車のディーラーが引き取りを行うので値段の方はどっちかといえば低価格に見られる場合が多いです。

一方、買い取りの場合には愛車買取専門店がやっているもので、中古の車として売る事を予定して買取りの金額を決定するので、わりと高プライスの引き取りが期待できます。何れにしても自動車を売却することであり、売却する前に引取り金額を決定するための審査が行われることとなります。

審査をしていただくさいに気に掛かるのはリサイクル料となります。ユーズドカー値踏みで示される価格というのはそのお車本体の金額、お車についてくる自賠責保険やリサイクル料等を入れた値段の二種類が御座います。リサイクル料に関しては自動車を買った時、もしくは「リサイクル料」が未納だったときには車検を通した場合に支払いになりますので、のちに自家用車を廃車にして解体処分する際に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするための料金として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する場合JARSから支払われることとなります。

代金は、軽だと8千円程、国産車で約1万円、外車等だと1.5万円くらい、それ以外で20000円ほどをいれる必要が御座います。大抵のクルマ買取りであれば、これらの「リサイクル料」を自動車の買取り金額とは他のものとして引き受けされるというようなこととなるわけですが、リサイクルの代金を含んで買取り額だというケースも有り、引き受けをお願いする時まずは確認しておくということが大切です。

8月 11th, 2016 by