話題の中古自動車査定制度について調べてみた

マイカーの買い取り・下取時には、必ず査定をやります。査定とは、お客様から下取りや買取する際にきっちりした評価を下す為の手続きであり、それをするためには多くの人から納得され、さらに了解された仕方で行わないとまずいのです。ただ、消費者側からすれば、見積がどんな感じでされているのかはっきりとは存じてなかったり、しっかりした段取りで実施されているのかはなかなか分かっておくことが出来ないものですよね。そうだとしても見積の方はその車の額面を決定する重大な過程ですから、考え方やその方法にさまざまなものがあると社会が混乱する要因ともなるのです。

そのような混乱を起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な鑑定が行き渡るように取り組んでいる協会であり、私たちが不安なく査定に提出でき、そのうえで満足できる結果になるような制度作りの活動をしています。

具体的な中身としては、例えばしっかりした査定士を育てるために検定をおこなっており、査定協会が実施する学科及びスキル研修というものを受けて、そして「査定士技能検定試験」に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が付与されます。更に査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、まっとうな基礎的なものや決まり事をもって消費者の所有車の評価を行います。つまり適正な査定を行う為の資格を持つ人が査定をやりますので、ユーザーも悩まずに買い取りや下取りに持っていくことが出来るというわけです。

4月 7th, 2016 by