話題のクルマを売る時の「査定」のいろいろ

愛車の買取では、まずはその中古車の鑑定をしてもらいます。その型式や年式で、基本とされる一定レベルでのプライスの理解をしておきます。ここからさらに実態が悪かったら、査定金額を減額するなどといった順番で行われていくこととなります。

普通の状態での金額に関しては、中古車ショップの方で基準となる数値を保持しています。これについては業者間でのみ出回っているもので、その価格は車種と年式から書かれているのです。とはいっても、あくまでもこの数字は標準的な数字であり、それだけの意味しか無いといえます。プラスして、その金額よりもより高く買取して頂けたり、あるいは安く買い取られたりすることすら当然のように出てくるのです。

業者側としてみればなるべく安値で買い受けたいわけですから、その店舗にもよりますが基本となる買い取りの価格を見せたうえで、それ以上にロープライスな方向へ話題を変えようとしてきます。売り手側としてはちょっとでもいい条件で売りたいわけで、このケースでは一気に話を振るのがいいと思います。もしくは、買い取りについての金額が折り合わなかったのであれば保留とし、話を棚上げ状態としておきます。そのあと別の買い取り専門店と駆け引きを進行させるのです。

ここでもし価格がさらに高値となって納得できたなら、前のお店との交渉は物別れに終わっても気にしなくて良いです。即ち、売る側が気に入るようにネゴシエーションをしていけばいいという事なのです。どうしてもしてほしくないのは、拙速に売却金額を決定してしまい、後から悔いるということです。値段についてはなんといっても強気でいく方が後悔しないでしょう。

6月 3rd, 2016 by