例の中古車査定と事故車について調べてみた

車買い取りをお願いした場合には、まず査定を受ける事になります。値踏みは買取専業店の人が行うわけですが、自動車マーケットの金額などから計算されることとなります。

一般的に中古のクルマということで売りに出されている価格の2~3割程が買取プライスとされていますが、評判の車であったり、珍しい車種だったりする場合には高プライスがつくなどの場合もあるようです。それと、年式が新しいほど高く売却できます。ただ、そういった買取り価格はそのくるまが完全な状態のケースであり、そうではない時だと低く査定されます。中でも特に修復歴などは見積もりにかなり響いてきます。

修理歴というのも定義はあいまいですが、とりあえず車の骨組みであるフレームにまで影響しているような事故を起こしたくるまは事故車として扱われます。そういった事故車はそののちなにか被害が出現するという危険があるため、見積金額では短所となってしまいます。とはいえ、フレームの部分にまで影響しておらず、外側を修理したぐらいならならないですが、しかし事故歴が付いてしまいます。

もちろん修理歴としては付くわけですから良くない影響が有るわけですが、事故車より低く査定されることはないでしょう。そのほか、変速機やエンジンなどにトラブルが発生しているケースでもマイナスに見られますし、常々のメンテナンスの状態が買取価格に影響してきます。

そのへんはシロウトにはわからないところですが、審査をしている買い取りの専業店ではしっかりと状況を見てくるでしょう。

どちらのケースでも修復歴はないということが古くなった愛車のプライスが上昇できるかどうかのポイントとなってきます。

5月 23rd, 2016 by