使用した車の査定に関してはローンが完済前であってもいいんでしょうか?コチラで見ていきましょう

中古の車の買取専業店に審査をしてもらったものの、割賦払いを完済していないなどの事もある筈です。そうしたケースだと、売ろうとする使用ずみの自動車の所有がご本人なのか別な方なのかをまずは確認することが必須です

実際、オーナーが誰なのかはどの辺を見るとわかるのかといいますと、車検証に書き込まれているお名前の人がクルマの権利者という訳です。

お車を入手した時に銀行系のローンを組まれた際は、こちらの「自動車検査証」に載っている氏名が自分自身の氏名になっていると思うのですが、ローン支払いを設定したのがクレジット系の会社などのケースだと名前がそちらの名前になっているのです。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故こういった形でその会社を所有権者として記載するのかというと、回答としては支払いがストップしても、直ちにそのマイカーを差し押さえて確保するためです。

そんな事情から所有権がローン会社となっているケースではその所有車を勝手に売り払う事は不可能です。何が何でも売ってしまいたいならとりあえずローンを残らず終わらせるか、ローンの組み替えをして持ち主をご自分に変えた後で売却することが求められます。しかし、現実問題そういった手続きができるのは現在手持ちの現金がたくさんある場合に限られます。だったらお金が無い人はどうしたら良いのでしょうか。

こういったケースでは品さだめをして下さった使用済みの車買取り業者に相談すると、使った車の売値から残りの返済分をまかない、名義人を自分の氏名に変更して貰うことが出来ます。手続きの方も全てにおいてお店の方にオマカセ可能なので安心です。

11月 23rd, 2017 by