使用した自動車の診断については分割金が終了前だった場合でも良いのでしょうか?理解しておきましょう

不要車の買取り業者に見立てをして頂いたのはいいけど、分割金を払いきっていないなどといったこともあり得ますよね。そんな際には、売るつもりの使った自動車の名義がアナタ自身なのかそれ以外の人なのかどうかについてともあれチェックする事が必要です

実際のところ、所有者についてなにを見ると分かるのかと言えば、車検証に書かれている名前がそのユースドカーの所有者という訳です。

今の自動車を購入するときに銀行などのローンを組まれたケースでは、こちらの「自動車検査証」に記載されている名前がご自身のお名前となっていると思うのですが、ローン支払いを設定されたのがクレジット会社であるケースでは名前がそちらの記載となっております。信販系で分割払いを組む場合なぜこんな風にその会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由は毎月の支払いが滞った時に、直ちにそのおクルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

このような事情から持ち主名義がクレジット会社にある場合はその車を好きなように売ってしまう事は出来ないのです。それであっても売りたいならとりあえずローンをすべて終わらせるか、月賦の設定し直しをすることで所有権を貴方の名前に変更した上で手放すことが必要です。とはいっても現実にこうした事が出来るのは今現在持っている資金がいっぱいあるケースに限られます。それではお金があまりない時はどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

こういったケースでは見立てをおこなって下さった車買取り業者に事情を話すと、不要車の売却額から残債分をまかない、所有者を貴方自身の氏名に変えて頂くことができるという訳です。手続きについても全てを買取り業者に任せることが可能なので問題ないです。

5月 7th, 2017 by