使った車の買い受けは支払いが完済前であったとしてもオッケーでしょうか?今一度チェック!

中古の自動車の買取専業店に評定をして頂いたのはいいけど、分割金を残したままであるという場合もあり得ますよね。こうした場合ですと、その買い取って欲しい使用済みの車の所有がご本人であるのか誰かほかの人なのかどうかについて最初に確認しておくことが必要です。

実際、名義についてはどのあたりをチェックしたらわかるのかといいますと、自動車検査証に載っている名前がu-carの所有者となります。

愛車を入手したときに銀行などのローン支払いを設定した場合だと、こちらの車検証に載っている名前がご本人の氏名になっていると思うのですが、自動車ローンを組んだのがクレジット会社などの時には名前がその会社の名前になるはずです。信販会社で分割払いを組む場合何故こんな形で信販系の会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、回答としては返済がストップしても、ただちにその車を差し押さえて確保するためです。

そうした訳で所有者名義が信販会社になっている場合はそのおクルマを好き勝手に売却することは不可能です。それであっても売り払いたいならまずは残債を全部返済するか支払いローンの組み替えをすることで所有権者を貴方の名前に変えた後で売却をする必要性が出てきます。ですが、実際にこんなことができるのは今現在お手持ちの現金がとても多い場合になってしまいます。であるならば、現金がない時はどうしたらいいのでしょうか。

そういった時には品評をしてくれたユースドカー買取店にわけを話せば、u-carの売却の金額から残債の支払いの分をキレイにし、持ち主をご自身のお名前に変えて頂くことが出来ます。手続きに関しても全てを買取り業者に任せることができますので問題ないです。

8月 27th, 2017 by