今日は車の買い取りとリサイクル料金の感想、所感

ユーズドカーを売り払うさいの方法には下取り、そして買い取りの2つが存在します。下取りのケースというのはおニューの愛車を入手すると一緒にこれまでのクルマを買取して頂くというものです。たいてい新車の販売店が引受をおこなうので買取金額はどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

一方で買い取りの場合には自動車買取専門店が行っているもので、中古の車という名目で店頭に並べることを前提に引受の額を決定するため、割と高値での引取りが望めるでしょう。何れにしてもクルマを売却することであり、売却をする前に買取り金額を決定するための査定がおこなわれます。

審査を依頼するとして気に掛かるのがリサイクル料です。ユーズドカー値踏みで提示される額としては中古車そのもののプライス、クルマに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等を含んだ額の二種類が有ります。リサイクル料は車を入手した場合、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合には車検を受けた際に支払いとなるもので、のちに愛車を廃車として解体するさいに必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする時のコストとして使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体処分する際にJARSから支払されることとなります。

代金は大体、軽だと8000円ほど、国産車の場合で1万円ほど、外車等だと約1万5千円、そのほかで2万円位をいれる必要があったりします。大体のクルマ買取では、これらのリサイクル料をマイカーの買取り値段とは別で買い取られるというような事となる訳ですが、リサイクル料を含んで買取額としている場合も有り、買い取りを依頼する時に事前にチェックしておくことが大事です。

5月 25th, 2016 by