今日は残債がある車の売却のいろいろ

マイカーの買い取りのお店に評定をしてもらったものの、分割金を完済していない場合もあり得ます。こうした際は、売却予定のお車の所有権が貴方自身なのか他の人であるのかを第一に見ておくことが必要です。

実際に、持ち主については何を見たら分かるかというと、「車検証」に書かれている名前がクルマの権利者という訳です。

マイカーを買う時点で銀行系のローン支払いを設定された場合だと、この「車検証」に記載のある名前がご自分の名前になっているのですが、ローン支払いを設定したのが信販会社だった場合だと名前が信販会社の名前になっています。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのようにその会社を所有者として記載するのかというと、その理由としては返済が滞った時に、スグに愛車を差し押さえて確保することを考えているからです。

こうした訳で所有者名義がクレジット会社にある場合はその車を好きなように売却することは無理なことです。それでも売ってしまいたいならまずはローンをすべて返済するか分割払いの組み替えをすることで所有権者を貴方の氏名に変えた上で売り払うことが必要です。しかし、現実問題そういったことができるのは今手持ちの現金がとても多い時という事に限られてしまいます。だったらお金が足りない方はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

こうしたケースでは買取査定をおこなってくれたお車買取ショップに相談すると、自動車の買い取りの値段から残りの支払い分をキレイにし、所有者の欄を自分自身のお名前に変更してもらうことができるというワケです。手続きの方も全てにおいて買取り業者にオマカセできますから心配ないです。

7月 7th, 2016 by