今回は中古車査定と事故歴に関して

古くなったユースドカー売渡を依頼したさいには、まず見積もりを受ける事となります。その場合の鑑定に関しては買取り業者の査定士行うわけですが、ユーズドカーマーケットの金額などから値段が出されるものとなります。

だいたいユースドカーということで売りに出されている価格の20~30%程度が売却価格と言われていますが、好評なクルマだったり、稀少車種であるなどの際には高い買取額が出るといった時もあるようです。また、年式は新しい方が高い金額となります。他方、そうした買取り価格はくるまが完全な状態のケースであり、そうではないときだと低く査定されます。中でも事故の跡などは買取の値段に結構影響します。

事故車といっても定義は曖昧ですが、基本的にクルマの骨格であるフレームの方にまで跡を残すようなアクシデントをしてしまったクルマは事故車という事になります。このような修復歴のあるくるまはそののち何かしらの悪影響が出る危なさがありますので、査定に於いてはマイナスとされてしまいます。一方、フレームにまで影響がなく、外見を修理したくらいであればならないのですが、それでも事故歴としては付いてしまいます。

もちろん修理歴としてはついてしまいますので良くない被害はありますが、事故車に比べ低く査定されることは考えられません。ほかにも、エンジンや変速機などにトラブルが起きている際にもマイナスとして審査されますし、常日頃の手入れの状態がプライスに関係してきます。

この辺りは素人目には気づかない所ですが、審査をおこなっている業者の方ではちゃんとそのあたりも見てくるでしょう。

どちらにせよ修復歴は無いという事が中古車見積が上昇させることができるか否かのポイントとなってきます。

5月 20th, 2016 by