今回は中古車査定と事故歴

愛車買取りをお願いした時は、まず値踏みを受ける事となります。その場合の審査は買取専業店の査定担当者がするわけですが、ユーズドカーマーケットの金額等から算出されることとなります。

通常、中古のくるまとして売られているプライスの20~30%ほどが買取り価格と言われているようですが、好評な車種や、珍しいクルマである時には高い値段が付くケースもあるでしょう。また、製造年は新しいほど高くなります。ただ、こうした買取り価格はそのくるまがパーフェクトな状態のときであって、パーフェクトじゃない時は低い査定となります。特に修復の跡などは買取額にとても響いてきます。

修復の跡といっても定義は曖昧ですが、とりあえず車の骨格であるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントをしてしまった車両は事故車という事となります。このような修復歴のあるくるまはあとからなにかしらの被害が現れるという危険がありますので、見積もりではマイナスにされてしまいます。ですが、フレームの部分まで影響が無く、外見を修復した程度ならならないのですが、でも修理歴はついてしまいます。

もちろん修理歴としては付くのでマイナスの害はある訳ですが、事故車に比べ低く査定されることは考えられません。それと、エンジンなどにアクシデントが出ているケースもマイナスとして見られますし、常々の整備の状態が見積金額に関わってきます。

そのあたりは私たちにはちんぷんかんぷんですが、査定を行う買取専業店ではしっかりその辺りもチェックの対象としてきます。

どちらの場合でも修理歴としては無いことが自分のくるまの見積をアップできるか否かの条件となります。

5月 18th, 2016 by