中古自動車査定制度

古くなった車の下取や買取の時には、初めに査定をやります。この場合の査定とは、ユーザーから買い取り・下取時にちゃんとした評価を下す為の手続きであり、その為には多くの人から容認され、プラス認められた方法で行わないと良くないのです。なのですが、客側からすれば、見積がどのようにおこなわれてるのかはっきりとは把握していなかったり、キチンとした段取りでやられているかはどうしても認識することが困難なものです。ではありますが鑑定自体が愛車の値段を決断する大変大事なプロセスですので、方法や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる一因にもなってしまいます。

そのようなパニック状態を起こさないためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な査定が行われるように活動している団体であって、ユーザーが不安なく鑑定に出せて、更に満足できる結果になるような土台作りの行いをしています。

具体的な中身としては、例えばちゃんとした査定士を育むためのテストをおこなっており、査定協会が実施する学科や技法の研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験という試験に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、健全な見識や規律をもって私たちのくるまの評定を行います。つまり適正な見積のための資格を保持している人間が査定を実施しますので、我々も安心して下取または買取に愛車を提出することが可能となるのです。

4月 3rd, 2016 by