まさかの車査定 事故歴などだそうな

お車引取りを依頼した場合には、まず鑑定を受けることになります。その際の査定の方は買取専門ショップの担当者が行い、オークションマーケットの価格等から値段がはじき出されるものとなります。

大体、古いクルマということで売りに出されている金額の20~30%位が買取の金額と言われているようですが、評判のクルマであったり、珍しい車種である等のケースでは高い見積金額が付く場合もあるようです。また、年式は新しければ新しいほど高い査定となります。一方、これらの買取の値段は自動車がパーフェクトな状態の場合であり、パーフェクトじゃないケースだと査定は厳しくなります。特に事故の跡などは買取プライスに相当響いてきます。

修復の跡というのも定義があいまいですが、基本的にはお車の骨格であるフレームの部分まで跡を残すような事故を起こしてしまった車は事故車という事となります。そういった事故歴のあるくるまは将来においてなにかしらの悪い影響が現れるという危なさが有るので、買取り価格については悪材料とされてしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響がなく、外側を修復したくらいだったらならないですが、事故歴はつきます。

勿論、修復歴としては付きますので良くない害はあるのですが、事故車より低い鑑定額となることはないです。それと、エンジンなどにアクシデントが起こっているときにもマイナスに見積もりされますし、常日頃からの維持管理の状態が買取プライスに影響してきます。

このあたりはトーシロにはわからないところですが、鑑定を行う買い取りの専業店の方ではキッチリとその辺りも見てきます。

どちらにしても修復歴は無いことが中古車見積金額を上昇させることができるか否かの最低条件となります。

7月 30th, 2016 by