まさかの中古車を売る時の残債について思うこと

愛車買い取り専門店に買取査定を依頼したものの、分割金を払いきれていないということもあるでしょう。そういった際は、売却予定の愛車の所有がご本人であるのか誰か別な方なのかを第一に確認しておくことが必要です。

ホントのところ、持ち主に関してなにを見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に載っている氏名の方がくるまの所有権者となります。

車を買うタイミングで銀行などの自動車ローンを組まれたケースでは、こちらの自動車検査証に記載のあるお名前が自分のお名前になってるはずですが、ローン支払いを組んだのがクレジット会社などの時には氏名がその信販会社の記載となっています。信販会社で分割払いを組む場合どうしてこのように信販会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、それは毎月の支払いが滞ったりしたら、すぐにマイカーを担保として確保することを考えている為です。

このような事情から持ち主名義がクレジット会社にあるケースではその愛車を自分の好きに売却はできません。どうあれ売却したいのであれば返済をすべて終了させるかローンの組み替えをして所有権者をご自分に変えてから手放すことが必要です。ですが、実際にこうしたことが可能なのが今持っている資産が余りある場合に限定されます。じゃあ現金があまりないケースではどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

そうした時には値踏みをおこなってもらったクルマ買取専業店に相談すると、愛車の売却の金額から残債の支払いの分をキレイにし、所有者のところをアナタの氏名に直して頂くことが可能です。手続きに関してもすべて買い取り専門店にオマカセできますから問題ないです。

5月 9th, 2016 by