ほら、中古車売却と残債ってどうでしょう

中古車買取ショップに見積もりをしてもらったものの、ローンが完済できていない事もあり得ます。そうした際には、売却希望のクルマの所有がご本人であるのか誰かほかの人であるのかどうか取りあえず確認しておくことが必要です。

ホントのところ、所有権は何を見たらいいのかと言えば、車検証に載っている名前が愛車のオーナーということになります。

クルマを買ったタイミングで銀行系の自動車ローンを組んだ場合は、この車検証に載っている名前が自分自身のお名前となっていますが、ローン支払いを組まれたのがクレジット会社だった場合だとお名前がその会社の名前になるはずです。信販会社で分割払いを組む場合何故このように信販系の会社をオーナーとして記載しているかと言えば、回答としては毎月の支払いが滞納された場合に、即クルマを担保という形で確保するためです。

こうした事情から所有者名義がローン会社となっている場合はそちらのお車を好きなように売却することは不可能です。とにかく売却したいならまずは残債を全て終了させるか分割払いの組み替えをすることで所有権を貴方の名前に変えてから売却することが必要です。そうとはいえ実際にそんな手続きが可能なのはその時点で持っている資金がとても多いケースに限られてしまいます。じゃあ現金が足りない方はどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

そのような場合は、査定をおこなっていただいた自動車買取店に事情を話すと、クルマの買値から残った支払い分を完済し、オーナーをアナタの氏名に直してもらうことが出来るという訳です。手続きについても全てにおいて買い取り専門店に任せられるので心配ないです。

5月 16th, 2016 by