なんと!車売却と必要書類のことを考えてみた

自動車を売却する時の方法としては買取りや下取りといった種類があります。下取りに関しては、次の自動車を入手したと同時に、それまで乗っていた愛車を引き取ってくれるものです。その時点で乗車が問題ないクルマであるなら買値が期待できますが、とてつもなく古いクルマだった時だと反対に処分のためのお金を必要とされるケースがあります。

下取してもらう場合は専門のお店が行うという訳じゃないですから、高価買取りは難しいですが、おニューのマイカーと交換する形で乗り換えすることが可能だという長所があります。もう一つの買取りは、専門で行っているクルマ買取専門ショップに頼んで買取をしてもらうものです。その時期がややこしいなどのデメリットがあるのですが、買い取りをされた自分のクルマは中古自動車となって市場に出回ることが決まっておりますので、想像よりも望むような値段での売渡が望めるはずです。

買取にしても下取にしても手続きの際にはいろいろ書類をまず準備しておくことが求められます。その必要書類としては、車検証の原本とクルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。さらに実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

売渡の場合は譲渡証明書や委任状等も使用するかと思いますが、そのへんは買取ショップにて準備してくれるはずです。売渡を希望する側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印更に印鑑証明が用意すべきものになります。見積もり時もそれらに関しては確認されるので、紛失の際はまた発行することが求められます。

万が一紛失のケースでも鑑定自体は受けることはできますが、その場で即引取りは出来ないため査定価格に良くない影響が出るかもしれません。

8月 1st, 2016 by