ついにきた、車売却とオークションについて調べてみた

クルマを売り払う手立ては、一昔前までは新車ディーラーでの下取か、中古車販売業者に対する売却が方法として取られていました。新車を購入する販売店に下取を依頼し、欲しい車を手に入れるという人が昔は多かったですが、ここ1~2年そういった方法をチョイスするって方はあまりいらっしゃらないようです。下取ですと、一番トクしない可能性が皆さんに知られてしまったことと、「オークション」に行くといった方式が知られるようになって来たからです。

ユーズドカーのみのAuctionがあって、中古車販売店やその他ディーラーもこちらで売り買いをしているのです。一般の方は入ることができませんが、代行業者を利用し、一般の人がマイカーを「オークション」で譲渡が出来るようになりました。別なやり方である中古車専門店に対する売却のお手続きに関しては、まず自分の車を審査してもらい、納得した値段を出されたら交渉が成立というわけです。

中古車のお店は、そのゲットした自動車をきれいに整備して店先で商品にしたり、競りに出品してみたりなどします。どんなやり方を行うのかは人それぞれですが、どれを望んでいるのかにより最適な方法は違ってきます。なんでもいいから一寸でも高い金額で売却したい、という話でございますと、オークションの代行の業者にお願いするのが最も高く売却できるのではないかと思います。とは言っても安心して売却したい、信用のおける専業店に買取してもらい、大事に乗ってくれる人に売却希望というのであるならば、ディーラーや古い車の販売会社の方が心配ないでしょう。

代行の業者に依頼した場合、販売されるまで保管代金を支払わなくてはならないため、売却に時間を要するとそれだけ大変になる恐れがあります。中古車専門業者なら次の方が現れる前に現金を頂くことができるという長所があるわけです。

3月 30th, 2016 by