ついにきた、中古車見積もり時の必要書類だそうな

愛車を売る場合のやり方としては買取りや下取り等の方法があります。下取に関しては、おニューの自分のクルマをゲットした時点で、これ迄乗っていた自動車を買取りしていただくというものです。それが乗車が出来る自動車であれば買値がつくわけですが、あまりにも古すぎる車であった際は処分の為のお金を要求されることもあり得ます。

下取に関しては、専門ショップが行うという事ではないので、高い金額での放出は無理だと思いますが、おニューのマイカーと交換をする形で乗り換えすることが可能といった長所があります。もう片方の買い取りですと、専門で行っている自動車買い取りの専門店に頼んで買取していただくものです。そのタイミングがややこしいなどのよくない点も存在しますが、買取されたマイカーは中古車となって市場で取引されることがそもそも前提ですから、比較的希望金額での引取りが期待できるはずです。

下取、買取どちらのケースでも手続きの時は必要となる書類を準備する必要があります。どういったものが必要なのかというと、自動車検査証、自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証というものです。そのほか実印と印鑑証明や、住民票といったものも必要となります。

売却の時には譲渡証明書や委任状等も必要となりますが、これらに関しては買取専業店で準備してくれます。売却をお願いするコチラ側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票および印鑑証明書を用意しておきましょう。査定時にもこれらがチェックが入るため、紛失の時には再度発行する必要があります。

もし失くした場合でも値踏みだけをしてもらうことはOKですが、その場で即手続きは出来ないので値踏みした金額に何か影響が出たりします。

5月 14th, 2016 by