ついでに中古車査定と事故車のことを考えてみた

自分のクルマの買取りを頼んだ時は、とりあえず査定を受けることとなります。その際の査定の方はお店のの人がすることになり、車マーケットの相場等から算出されることになります。

だいたいユースドカーということで売りに出されている値段の2~3割位が査定額となっていますが、売れ筋のクルマだったり、稀少車種である際には高い値段がつく場合もあるでしょう。それと、年式が新しい方が高く売却できます。他方、これらの買取の値段はくるまが完全な状態の時であって、パーフェクトではない時だと低い査定となります。なかでも特に事故車などは見積価格に大きく響きます。

事故歴といっても定義は微妙なところですが、基本的に車の基礎となるフレームの方にまで及ぶような事故を経験してしまったお車は事故車となってしまいます。こういった修復歴のあるクルマはあとからなにかしらの被害が出てくるかもしれないという危なさが有るので、見積金額に於いてはマイナスとされてしまいます。一方で、フレームの部分にまで影響が無く、ボディを手直しした位ならなりませんが、でも修復歴は付くことになります。

もちろん修理歴は付きますので負の被害はありますが、事故車に比べて低い査定となることは考えられません。他にも、エンジンやギアなどに面倒が起きているケースもマイナスに審査されますし、常々の手入れの良し悪しが買取金額に関わってきます。

このあたりは素人目には見分けはつかないのですが、鑑定をしている買取専門ショップの方ではきちんと状況をチェックしてきます。

どちらの場合でも修理歴が無いことがくるま見積が上げることができるかどうかの分かれ目となります。

5月 20th, 2016 by