これは・・・買取・下取の査定について調べてみた

所有車を処分するケースでのやり方としては買取りや下取りという方法が存在します。下取りはおニューの中古車をゲットした場合には、これ迄の車を引き受けていただくものです。その自動車が運転が差し障りないくるまであったらプライスが付くわけですが、とてつもなく古い車だった時には反対に処分のコストを請求されることも考えられます。

下取に関しては、専門業者が買い取る訳ではないので、希望価格での買い取りはムリだと思いますが、新しい中古車と取り替えるような感じで乗り換えすることが可能であるといったメリットがあります。他方買い取りはというと、それ専業のクルマ買取り業者にお願いして買取をしてもらうものです。時期が分かりづらいなどの短所も有りますが、買い取りをされたお車は中古車となって市場に出回ることが決まっている訳ですから、想像以上に希望するような価格での引取りが望めるはずです。

下取にしても買取にしても契約の際には必要となる書類をまず準備することが必要となるでしょう。その必要書類ですが、自動車検査証とくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券というものです。そのほか実印や印鑑証明書、住民票といったものも必要となります。

譲渡の場合には譲渡証明書や委任状等も使うかと思いますが、これらについては買い取り専門店で用意してくれるでしょう。買い取りを望むコチラとしては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票そして印鑑証明を準備しておきましょう。査定の際もこれらを確認されるので、紛失しているケースだとまた発行することが求められます。

もしも失くした場合でも見積もりだけを受けることはできますが、すぐに引受けはできないので見積金額に悪い影響が出るでしょう。

7月 31st, 2016 by