これこそ買取や下取り「リサイクル料」について思うこと

愛車を売る時の進め方といえば下取、そして買取のどちらかが一般的です。下取りのケースは新しいマイカーをゲットする時に前のユーズドカーを引き取って貰うというものです。主に取扱店が引受をすることになるので売却額としてはわりと低めに見られがちです。

一方で買い取りのケースは愛車買取専門ショップがしているもので、中古車という名目で売る事を予定に買取りプライスを決定するため、どちらかというと高値での引受が望めるでしょう。何れにしてもユースドカーを売却する事であり、引き受けてもらう前に引取り価格を決定するための見積もりが行われることとなります。

鑑定をして頂くさいに気になるのがリサイクル料になります。自家用車見積もりで出される価格としては中古車本体の金額、所有車についてくるリサイクル料や自賠責保険などなど入れた値段の2種類があります存在します。リサイクル料に関しては愛車をゲットした時、又は「リサイクル料」が未払いの時には車検の時に支払われるもので、のちに中古車を廃車にして解体処分するケースで必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするさいのコストという名目で使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する時JARSから支払われることになります。

代金は、軽で約8千円、国産車だと10000円位、外国製自動車等で1.5万円くらい、その他で2万円くらいを納める必要性があります。たいていの自動車買い取りでは、そういったリサイクルの代金を自家用車の引き取り金額とは別ということで引き受けされるというような事となるワケですが、リサイクル料金を入れて審査の額となっているケースもあり、引受けをお願いする際に先ずはチェックしておくのが大切なこととなります。

8月 16th, 2016 by