これこそ中古自動車査定制度のことを考えてみた

古い車の下取や買取の時には、間違いなく査定をやります。査定とは、売り手側から買い取り・下取時にちゃんとした鑑定をするための工程であり、それを行うためにはいろんな方たちから理解され、プラス認められた仕方をしないと良くないのです。ですが、客側からしますと、値踏みがどんな感じでされているのか完全には把握していなかったり、フェアな進め方で行われてるかどうかはどうにも把握することができなかったりもするものです。とはいえ、値踏みというのはマイカーの価値を決める大変重要なプロセスな訳なので、考え方やその方法に様々なものがあると世間のパニックの要因にもなる可能性があります。

そんなパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」という機関があり、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適切な鑑定が拡大するように機能している団体であって、我々が安心して車を審査に提出でき、そして満足のいく結果になるような制度作りの務めをしています。

具体的な活動の内容は、例を出すとまっとうな査定士を増やす為のテストをおこなっており、査定協会が実施する学科さらには技法の研修を受けて頂き、そののち「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が受け取れます。そして査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、しっかりとした見識や義務でもって我々のくるまの評定をします。要は適正な見積もりを行う為の資格を保有する方が値踏みを行いますので、お客さんも不安なく買い取りや下取りに出すことが出来るわけなのです。

4月 4th, 2016 by