きましたね車売却とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

クルマを処分するときの手立てには下取と買取というのがあります。下取のケースというのは次の自分のクルマのを入手すると同時に前の所有車を買い取りしてもらうというものです。たいていは販売会社が引き受けをするので値段は割と低めに見られがちです。

もう一方の買取りの方はクルマ買取専門ショップが行っており、中古車として店頭に陳列することを予定に買取り金額を決めるので、どちらかというと高値での買い取りが望めます。どちらにしても自分のくるまのを引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引取りプライスを決定するための査定がされることとなります。

査定をして貰うとして気になるのはリサイクル料になります。自動車値踏みで出してもらうプライスとしては自分のくるまのそれ自体の値段、自分のクルマのについてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含めた値段の2種類がありますあります。「リサイクル料」はお車を手に入れた際、または「リサイクル料」が未払いだった場合には車検を通した際に支払いとなるもので、将来的に所有車を廃車として解体処分する際に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする時のコストということで使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する時に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

コストは大体、軽自動車で8千円位、国産車であれば1万円程、外国製自動車などで1万5千円位、その他で20000円程を納める必要がございます。たいがいのマイカー引受けであれば、そういったリサイクルの代金をクルマの引受け値段とは他のものとして引き取りされるというような事となりますが、リサイクル料を含んで引受け金額となってる場合も有り、見積もりを頼む場合まずは確認しておくということが大事です。

8月 8th, 2016 by