きましたね「ローン中の車売却」だそうな

クルマ買取ショップに買取査定を頼んだものの、ローンを払いきっていない事もあり得ます。こうした際は、売却しようとする愛車の所有権がご本人であるのか他の人であるのかをまずチェックしておく事が必須です。

実際に、持ち主についてはなにを確認すると分かるのかと言えば、「車検証」に書かれているお名前の方がマイカーの持ち主となります。

車を購入したときに銀行が提供している自動車ローンを組んだケースでは、この自動車検査証に記載のあるお名前が自分自身の名前になっていますが、ローン支払いを組んだのがクレジット会社であった時には名前がそこの記載になっている訳です。信販系で分割払いを組む場合何故このような形で信販系の会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その理由は月の払いが滞納された場合に、直ちにクルマを担保として確保できるようにするためです。

そういった理由から所有権がクレジット会社にある場合はそちらのクルマを好き勝手に売り払う事は出来ないのです。とにかく売ってしまいたいならとりあえずローンを全て支払するかローンの組み換えによって所有権をご本人に変えてから売る必要性が出てきます。そうはいっても現実問題そんな事が可能なのはその時点でお手持ちの資金がとても多いケースに限定されます。だったら現金があまりないならどういったやり方がよろしいのでしょうか。

そのような時には見積もりをして下さった車買取り業者に相談すれば、自動車の売却の金額から残った返済分を完済させ、所有者の部分を自分自身のお名前に変えてもらうことが可能です。手続きの方もすべて買取ショップに任せることが可能なので問題ありません。

7月 10th, 2016 by